骨盤 腰痛 ストレッチ

骨盤 腰痛 ストレッチ

骨盤のだるさ 腰痛

 

 

妊娠中期以降、お腹が大きくなるにつれて腰痛、骨盤の何とも言えないだるさを感じるようになりました。

 

また、仙骨がでっぱるようにもなってきたようで、仰向けで布団に仰向けでねると骨が圧迫され、そのまま長時間寝るとしびれて起き上がれなくなりました。

 

骨盤のだるさは、この仙骨を押すと気持ちよく、一瞬やわらぐのですが、結果しびれが起きるという辛さがありました。

 

おそらくこの骨のゆがみから、だるさ、腰痛が起き、緩和しようにも、結局しびれがおき、悪循環

 

毎晩眠るときは、この繰り替えしでつらかったのですが、旦那も仕事が忙しかったり、当時は遊びにも行ってしまっていたので、精神的にもイライラがつもりました。

 

そういうものから、なかなか夜もぐっすり眠ることは難しく、昼間少しずつ仮眠をとったりしました。

 

この腰痛や骨盤のだるさは、妊娠中期から出産するまで続き、かなり長い期間に感じました。

 

一人の時間も長かったため、余計に、孤独感からもつらく感じたのかなと今では思います。

骨盤 だるい

 

 

結婚してから、今までとは違う場所へ引っ越したこともあり買い物以外は外へあまり出ないことが多かったので、運動も兼ねて少しずつ散歩にでるようにしました。

 

また、人と接する機会もあまりなかったこともあり、ネットでブログを始めて自分の中にたまるものを吐き出したり、会話したりもしましてストレス発散をしていました。

 

また、骨盤のだるさ・腰痛に関しては、お風呂上がりにストレッチをしたり軽く運動をしたりしました。
 
お布団に入ってからは、両手それぞれでグーをつくり仙骨にあて、そこを軸に全体重をのせ、しばらくストレッチをしました。

 

とても気持ちがいいので、しばらくその態勢をつづけ、たいていそのまま眠くなってしまうので寝てしまうのですが、手のいたさとしびれで目覚めます。

 

でも多少骨盤のだるさも緩和されているので、今度は横向きの態勢で眠りに入ります。

 

そのまま横向きですと、またのちに骨盤やあしが痛くなるので枕やクッションを足に挟むと良かったです。

こんな記事も読まれています


ホーム RSS購読 サイトマップ